一条工務店お問い合わせ先一覧

  • お問い合わせ
  • カタログ請求
  • ENGLISH



i-smart 子育てこそ性能のいい家でしたいなって。 栃木県那須塩原市 長島様


子育てこそ、一条さんみたいに性能のいい家でしたいなって。

妻が保育士なんですけど、元気に遊び回る園児たちを見ていると、これから赤ちゃんが生まれたら、せっかく新築を建てても汚したり傷つけたりしちゃうだろうな、と思っていたんです。なので、当時はそのままアパートに住み続けるか、それとも中古を買うかを含めて迷っていて。それで、まずは試しにという軽い感じで一条さんの展示場に行ったんです。でも、営業さんから、結露が出にくいことだったり、空気がキレイなことだったり、バリアフリーだったりという話を聞いてるうちに、子育てこそ一条さんみたいに性能のいい家でしたいなって思うようになったんです。


床暖って、子育てにぴったりな暖房だと思います。

保育園でヒーターをつけるようになると、子どもたちに「危ないから近づいちゃダメだよ、触っちゃダメだよ」って何度も言わなくちゃいけなくて。床暖なら、暖房器具でヤケドすることがないから安心ですよね。それに、エアコンみたいに風を起こさないからホコリの巻き上げがないのも、床暖ならではですよね。赤ちゃんって、ゴロンとしてたり、ハイハイしたり、いつも床に近いところにいるじゃないですか。だから、床が暖かくて、いつもキレイな状態っていうのは理想的だなと思います。お風呂上がりとかも、前のアパートだったら、脱衣所にヒーターを持っていって暖めたりしてたんでしょうけど、この家はそういう必要はないです。温度差が本当にごくわずかなんで。こうやって考えてみると、床暖って子育てにいいことがたくさんありますね。


灯油って、寒いし重いし、今思うとかなり大変ですよね。

去年の冬は、妻のお腹の中に赤ちゃんがいたので、重いものは持てないし。灯油を買う必要がなくて本当にラクでした。子育て中の友達は、赤ちゃんは夜中も授乳でいつ起きるか分からないので、赤ちゃんのためを思うと電気代をいちいち気にしていられないと言って、一日中ずっとエアコンをつけっぱなしにして、光熱費がとんでもないことになった、なんて話も聞きました。うちは全館で、しかも24時間つけていても、2万円ちょっととかですから、本当に助かります。当時は新築を建てるのは、子どもがある程度大きくなってからでもいいかな、と思った時もありましたけど、今はこの家で子育てして正解だったなって思います。



※お客様個人のご感想であり、一条工務店が効果・効能を保証するものではありません。

↑ PAGE TOP

建築実例

  • 実例デザインギャラリー
  • ご入居者の声


  • カタログ請求
  • メールで無料設計受付中
  • リアル体験会開催中!
  • 海外からのお問い合わせ

動画で見て、楽しめる!ichijo.tv放映中!

  • よくあるご質問